動物用人工呼吸器のパイオニアメーカーである株式会社メトランが、医療機器のトラブル事例や製品情報を紹介しています。
動物用人工呼吸器COMPOS X
使用前準備・操作方法

COMPOS Xの使用前準備

動物用人工呼吸器は、動物の命に直結する重要な医療機器です。適切な使用前準備が、動物への負担を最小化し、安全な外科手術を実現します。COMPOS Xを例に、人工呼吸器の適切な使用前準備を説明します。

 

①電源及び駆動ガスの使用前準備

1)背面の電源スイッチが「〇」OFFになっていることを確認してください。

2)ロックレバーを持ち上げ、インレット端子に付属の電源コードを奥までしっかり差し込んでください。

3)ロックレバーをさげ電源コードが抜けないようにしっかりロックしてください。

POINT

☞ 電源コードを差し込んだ後にロックレバーが下りていることを確認してください。ロックレバーが下りていない場合、手術中に電源コードが抜け、人工呼吸器の動作が停止する可能性がございます。

☞ 電源は無停電源系統になっているコンセントに直接差し込んで使用してください。一般用電源では、停電時に作動が停止する可能性があります。また、延長コードの使用は予期せぬコード外れの原因になりますので、使用は控えてください。

 

②駆動ガスの接続

1)本装置背面のガス接続口に付属の耐圧管を差し込んで、スパナ等の工具を用いてしっかりナットを締めてください。

2)耐圧管の反対側を緑色の酸素ガス供給源にカチッとロックするまで差し込んでください。ガス供給源の圧力は350~500kPa必要です。

POINT

動物用人工呼吸器にホースを接続している☞ 耐圧ホースは接続口に確実に差し込んで下さい。差し込みが緩い場合、接続口からガスがリークし、適量の送気ができない可能性があります。

☞ 駆動ガス供給口と耐圧ホースの接続口はレンチで締め付けてください。確実に締め付けられていない場合、接続口からガスがリークし、適量の送気ができない可能性があります。

③呼吸回路の接続

1)本装置前面の呼吸回路接続口に、付属の呼吸回路(リユース)の圧モニターチューブが出ている側のカフを持ち、呼吸回路接続口の奥までしっかりねじりながら差し込んでください。

2)本装置前面の圧モニター接続口に呼吸回路のカフから出ている圧モニターチューブを持ち、圧モニター接続口の奥までしっかりねじりながら差し込んでください。

④フローセンサーと呼吸回路の接続

1)付属の呼吸回路で圧モニターチューブがない方のカフを持ち、もう一方の手で付属のフローセンサーをもち接続してください。

2)カフを広げながらフローセンサーにかぶせてください。取り付けにくい場合は22Mコネクタを使用してください。(オプションで販売することも可能ですので、販売店にお問合せ下さい。)

3)フローセンサーと患畜の間に、適したHME(人工鼻)を、必ず接続してください。患畜に接続後は、センサー装着部を必ず上にしてください。

4)施設所有のサンプリングコネクタを使用する場合は、カフとフローセンサー間に接続してください。

⑤センサーケーブルの接続

1)付属のセンサーケーブルのプラグ部分の「→」マークを上にしてプラグ本体を持ちます。

2)プラグの「→」マークを上にしたままの状態で、本装置前面の口元フローセンサー端子口にカチッとロック音がするまで差し込みます。

⑥ジェットチューブの接続

1)付属ジェットチューブのCPCコネクタの根元を持ってください。

2)本装置前面のジェット接続口のカプラがあいていることを確認し、ジェットのCPCコネクタをカチッと音がするまでまっすぐ差し込んでください。奥まで差し込むとカプラが自動的にCPCコネクタをロックします。

⑦排気口アダプタの接続

1)付属の排気口アダプタを本装置背面の排気口にねじり込みながら、差し込んでください。排気口アダプタの向きは自由に回転させ変えることができます。

2)付属の排気口アダプタの細い筒に、施設所有の余剰ガス回収回路を接続してください。



COMPOS Xの操作方法

 

①モード選択

・強制換気モード:強制的に患畜に換気動作を行うときに使用します。 ・バックアップ換気モード:設定されたAPNEA(無呼吸)時間以上に患畜の呼吸がない場合、強制換気にて呼吸の補助を開始します。 ・ジェットモード:ジェットを使用して、非常に小さな患畜に換気動作を行うときに使用します。ジェットモード時、本装置前面の一回換気量、最大呼気圧、PEEPエリア表示は全て「ーーーー」が表示され、計測数値は表示されません。 ・モニターモード:自発呼吸の一回換気量の測定を行います。ただし、換気動作を行いません。

1)本装置前面のモード切替つまみを「該当のモード」の位置まで回してください。最初の1秒間、電源異常を除くLEDが全点灯し、警音ブザー音がします。LEDの欠けやブザーの音切れを確認してください。

2)設定変更する際には、選択ボタンを押して項目を選んでください。

3)数値点滅中に、数値設定ツマミを回して、設定表示内の数値を希望する値に変更してください。

4)すべての設定を終えたら自動設定ボタンを押してください。

 

②換気中のフロートリガー調整

本装置は、ジェットモードを除く換気モード時にフロートリガーを調整することができます。

1)本装置前面のモード切替つまみを「モニター」、「バックアップ換気」または「強制換気」のいずれかにしてください。

2)自動設定ボタンと消音ボタンを同時に押してください。一回換気量表示エリアに「前回の設定値」が表示されます。デフォルトは「20」です。単位は「×0.1L」です。20が表示されている場合は、2Lを意味します。

3)数値設定ツマミを回して設定表示内の数値を希望するフロートリガー値に変更して下さい。

4)数値を設定したら選択ボタンを押します。

 

③分時換気量と呼吸回数の表示

本装置を使用中に患畜の分時換気量と呼吸回数を表示することができます。

ただし本成寺はジェットモードで動作しません。モニターモード、バックアップ換気モード、強制換気モードでのみ表示することができます。

1)本装置前面のモード切替つまみを「切」以外の位置まで回してください。

2)選択MV/BRボタンを2秒以上長押ししてください。

3)選択MV/BRボタンを押しているあいだ、本装置前面右側に、上から一回換気量、分時換気量、呼吸回数が表示されます。

 

 

 

 



お気軽にお問合せください!

動物用人工呼吸器COMPOS Xは、適切な使用前準備・操作が必要です。不明点がございましたら、お気軽にお電話や下記問い合わせページより問い合わせください。

基礎知識

Copyright © 株式会社 メトラン All Rights Reserved.