動物用人工呼吸器のパイオニアメーカーである株式会社メトランが、医療機器のトラブル事例や製品情報を紹介しています。
動物用人工呼吸器”COMPOS β EV”
Product

動物用人工呼吸器”COMPOS β EV”

コンパクトなボディに安心と使いやすさを盛り込み、ロングセラー機として小動物から大動物まで、さまざまな場所で愛用されています。
見やすく、使いやすく大型のLED,操作ボタンで簡単に決定をしていただけます。

>>動物用人工呼吸器 “COMPOS β EV”のカタログはこちら!

COMPOS β-EVの ”6つの特徴

動物用人工呼吸器“COMPOS β -EV”の持つ6つの優れた機能をご紹介いたします。

正確・安全な呼吸管理を実現

“COMPOS β -EV”はコンピュータ制御により呼吸管理を行います。そのため操作は簡単、かつ誰でも正確・安全な呼吸管理を実現いたします。

タッチ入力で簡単入力

“COMPOS β -EV”では、呼吸回数、吸気時間およびI/E比はタッチ入力でデジタル表示。そのため、簡単に設定が行えます。

マウスから大型動物まで、幅広い動物に対応

換気モードはプレッシャーリミット、タイムサイクル方式を採用しており、マウスから大型動物まで一台で対応可能です。独自のジェット方式による換気方法で、決められた時間内に設定圧までガスを送り込むことができます。

高い安全性の実現

「高圧」「低圧」に加えて「停電」にも警報を発信します。また、各エラーはモニタにて表示されるため、アラーム内容が一目で確認可能です。

ジェットベンチレーション用回路を独立

ジェットベンチレーション用回路を独立したことにより、鏡視下時や挿管不可能な動物など、デリケートな呼吸管理が必要となる場面での使用が可能になりました。
ジェット用回路への切り替えはワンタッチで可能であり、緊急時に単純操作で使用できます。

呼吸回数の設定が広範囲に可能

呼吸回数は1~255回まで設定可能。自発呼吸の補助呼吸から高頻度人工呼吸まで柔軟に対応します。また、PEEPについても、従来より広範囲の0~20cmH2Oまで設定が可能です。

動物用麻酔器と一体化可能・コンパクト設計

動物用人工呼吸器COMPOS β EAと一体化できるコンパクト設計となっています。人工呼吸器と麻酔器の固定に工具は必要ありません。
また、COMPOS β EAには気化器の搭載が可能であり、動物用人工呼吸器・動物用麻酔器・気化器の設置を省スペース化します。

>>動物用人工呼吸器 “COMPOS β EV”のカタログはこちら!

製品一覧



お気軽にお問合せください!

動物用人工呼吸器をはじめとした動物用医療機器の故障時は、動物用医療機器.comが迅速に貸出対応させて頂きますので、是非お気軽にお問合せください。



Copyright © 株式会社 メトラン All Rights Reserved.