動物用人工呼吸器のパイオニアメーカーである株式会社メトランが、医療機器のトラブル事例や製品情報を紹介しています。

呼気ホールド装置

呼気ホールド装置は、レントゲンおよびCT写真撮影時に呼吸器と連動しれ患畜の息止めを行う装置です。当ページでは、当社の人工呼吸器 “Compos X” と連動できる、呼気ホールド装置を紹介します。

>>製品カタログはこちら!

呼気ホールド装置の ”5つの特徴

呼気ホールド装置の持つ5つの特徴を紹介します。

独自の息止め構造

独自の息止め構造を採用しており、患畜の肺が動かないため、きれいなCT撮影が可能になります。患畜の肺が動いてCT撮影を繰り替えすことがないため、患畜への負担を最小限に抑えます。

気道内圧計を標準搭載

気道内圧計を標準搭載しているため、呼気ホールド装置にて気道内圧を確認しながら作業ができます。

ランプで動作を可視化

息止め中は本体側のランプが点滅します。呼気ホールド装置の動作を可視化し、安全に作業を行うことができます。

切り忘れ防止タイマーを標準搭載

ホールド動作の切り忘れ防止タイマーを標準搭載しています。90秒で息止めを自動解除します。

操作室から作業が可能

呼吸器とは別置きであり、CTの操作室から息止め操作が可能となります。

動物用呼吸器 "Compos X"と連動!

動物用呼吸器 “Compos X”と連動し、CT撮影時の患畜の息止めを行います。動物用麻酔器”Compos EA”も含めた一貫した納入が可能です。

>>動物用人工呼吸器”COMPOS X”のカタログはこちら!

製品一覧



お気軽にお問合せください!

動物用人工呼吸器をはじめとした動物用医療機器の故障時は、動物用医療機器.comが迅速に貸出対応させて頂きますので、是非お気軽にお問合せください。



基礎知識

Copyright © 株式会社 メトラン All Rights Reserved.