動物用人工呼吸器のパイオニアメーカーである株式会社メトランが、医療機器のトラブル事例や製品情報を紹介しています。
動物用人工呼吸器 COMPOS β EV
使用前準備・操作方法

COMPOS β EVの使用前準備

 

①電源及び駆動ガスの接続

電源および駆動ガスの接続を行います。

まず、電源ケーブルをコンセントに差し込みます。次に、駆動ガス供給口に医療ガス用耐圧ホースを接続し、専用のアウトレットに確実に差し込みます。

動物用麻酔器の駆動ガス供給口
POINT

☞ 電源は無停電源系統になっているコンセント(アース付)に直接差し込んで使用してください。一般の商用電源では、万一の停電時に作動が停止します。また、延長コードを使用すると予期せぬコード外れにより作動が停止するため注意が必要です。

☞ 耐圧ホースはアウトレットに確実に差し込んでください。また、圧力は3.0~4.5kgf/cm2の圧力が必要です。

 

②呼吸回路の接続

呼吸回路の接続を以下の流れで行います。

①呼吸回路をEXP. VALVEに接続します。

 

②呼吸回路内圧モニターチューブをPawに接続します。

 

③呼吸回路を麻酔器の呼吸接続口に接続します。

動物用人工呼吸器のEXP VALVE 動物用人工呼吸器のPaW 動物用人工呼吸器の呼吸接続口
POINT

☞ 使用される麻酔器に専用の呼吸器接続口がない場合には、バックマウントに直接接続して下さい。
また、さらに呼吸器使用時にはポップオフバルブ(ALP弁)を閉じて下さい。

☞ コンポ―スEVはTo and Fro 方式で使用する人工呼吸器のため、使用する際は患畜換気量を考慮し十分な量の蛇管を用意して下さい。
接続蛇管が短いと呼吸器からのガスが麻酔回路に混入し麻酔ガスが希釈されることがあります。

 

④単独にて使用する場合は、呼吸回路に非再呼吸弁を接続して下さい。

⑤ジェット用チューブをJET OUTに接続してください。

⑥排気口に余剰麻酔ガス回路を接続してください。

動物用人工呼吸器のJET OUT 動物用人工呼吸器の排気口
POINT

☞ 滅菌された清潔な呼吸回路を使用して下さい。

③テスト作動

①麻酔器の患者口もしくは非再呼吸弁口にテストバックを接続してください。

 

②STARTボタンを押してください。

 

 

③呼吸回数をアップボタンおよびダウンボタンで設定してください。

 

④最高気道内圧をMAX PRESS.調節ツマミで調節してください。

 

⑤TIボタンを押すと赤色に変わります。また、赤色の間+・-ボタンで、吸気時間の変更、設定ができます。

 

⑥PEEP圧をPEEP調節ツマミで調節してください。

動物用人工呼吸器のテストバッグ 動物用人工呼吸器のSTARTボタン 動物用人工呼吸器のアップダウンボタン 動物用人工呼吸器の気道内圧調整ツマミ 動物用人工呼吸器のTIボタン 動物用人工呼吸器のPEEP調整ツマミ

④ジェット換気動作

後にジェット換気作動を行います。以下の流れで進めてください。

 

①STARTボタンを押してください。

 

②呼吸回数をアップボタンおよびダウンボタンで設定してください。

 

③最高気道内圧をMAX PRESS.調節ツマミで調節してください。

 

④TIボタンを押すと、赤色に変わります。また、赤色の間+・-ボタンで、吸気時間の変更、設定ができます。</ br> ※1 TIボタンを長押しすると、呼吸設定パターンを切り換える(F1⇔F2)ことができます。

 

⑤PEEP圧をPEEP調節ツマミで調節してください。

 

⑥JETボタンを押してください。

動物用人工呼吸器のジェットボタン
POINT

☞ JETチューブ口から送気されるか確認してください。



COMPOS β EVの操作方法

 

①切換え弁

まず、コンポ―スEV本体の左側にある切換え弁でバック側から呼吸器・麻酔器側にしてください。

動物用人工呼吸器の切替え弁
 

②ポップオフバルブ(APL バルブ)

次に、ポップオフバルブ(APL バルブ)を閉めてください。

この時、一体型のタイプの場合はポップオフバルブ(APL バルブ)は閉めなくても良いです。

動物用人工呼吸器のポップオフバルブ
 

③機器の起動

次に、カバーを上に持ち上げSTARTボタンを押し機器を起動させます。

動物用人工呼吸器のSTARTボタン
 

④肺内圧の確認

次に、肺内圧を確認します。

MAX・PRESSのツマミを手前に引きロックをはずし時計回りに回すと圧が上がります。この時、動物に送気する前に呼吸回路口を塞いで確認するようにしてください。通常の場合、参考値は10~15㎝H2Oとなります。

⑤呼吸回数の設定

次に呼吸回数の設定をします。

コンポ―スEVにある「-」・「+」ボタンで回数を設定します。

この時の参考値は、調節呼吸(蘇生時)が10~20回、補助呼吸が2~6回となります。

動物用人工呼吸器の+-ボタン

⑥呼気時間の設定

最後に呼気時間の設定をします。

まずTiボタンを押し、その後「-」・「+」ボタンで時間の設定を行います。

動物用人工呼吸器のTIボタン

COMPOS β EVの使用時に発生し得るアラーム

①HIGH PRESSURE

HIGH PRESSUREのアラームが発生した場合は、以下の対応をしてください。

①MAX PRESSURE 調節ツマミで圧を下げる

②回路が閉塞していないか確認する

②DISCONNECTION

DISCONNECTIONのアラームが発生した場合は、以下の対応をしてください。

①バルブが自動になっているか確認する

②ポップオフバルブが閉まっているか確認する

③呼吸回路・麻酔回路がはずれていないか確認する

④MAX PRESSURE 調節ツマミで肺内圧を確認する

②DISCONNECTION

POWER FAILREのアラームが発生した場合は、以下の対応をしてください。

①電源コードがコンセントから抜けていないか確認する

②コンセントに電源が供給されているか確認する



お気軽にお問合せください!

動物用人工呼吸器 COMPOS β EVは、適切な使用前準備・操作が必要です。当ページで説明した通りに使用いただけますと幸いです。不明点がございましたら、お気軽にお電話や下記問い合わせページより問い合わせください!

Copyright © 株式会社 メトラン All Rights Reserved.