動物用人工呼吸器のパイオニアメーカーである株式会社メトランが、医療機器のトラブル事例や製品情報を紹介しています。
動物用麻酔器COMPOS β EA
使用前準備・操作方法

COMPOS β EAの使用前準備

 

①設置と組立

1)本体のGAS INLET O2, GAS INLET AIR(オプション)に耐圧ホースを接続してください。

 

 

 

2)本体に非再呼吸ブラケットを取り付けてください。

※気化器を使用する場合は、本体に気化器を取り付けてください。

※呼吸器を使用する場合は、本体に非再呼吸ブラケットを取り付けてください。

動物用麻酔器の耐圧ホース 動物用麻酔器の非再呼吸ブラケット
POINT

☞ コンポ―スEA本体は水平なところに設置してください。水平な場所でないと、流量計の誤作動の原因となる恐れがあります

 

②麻酔回路の接続

1) F回路を非再呼吸ブラケットのF回路接続口に取り付けてください。

2)シリコンチューブおよびスリップジョイントを用いてGAS OUTLET にF回路を接続してください。

3)回路内圧モニターチューブを、本体と非再呼吸ブラケットの回路内圧モニターチューブ接続口にそれぞれ接続をしてください。

4)気化器を使用する場合には、流量計出口に接続してください。

5)麻酔バッグを非再呼吸ブラケットに取り付けてください。

6)余剰ガス排出チューブを非再呼吸ブラケットの余剰ガス排出チューブ接続口に接続してください。

動物用麻酔器のF回路接続口 動物用麻酔器の麻酔バッグ
POINT

☞ 麻酔器を単体で使用する場合は非再呼吸ブラケットの切替弁のレバーをバック側にして下さい。

☞ 滅菌された清潔な呼吸回路を使用して下さい。

☞ 機器の使用後は、必ずO2およびAIRの流量調節ツマミを全閉にして下さい。



COMPOS β EAの操作方法

 

①供給ガスの接続

供給ガスは、酸素、空気の耐圧ホースを専用の供給パイピングに確実に差し込み、接続を行います。この時、供給圧350kPa~500kPaとなります。

 

②流量計の動作確認

次に流量計の動作確認を行います。

まずは非再呼吸ブラケットのPOP OFF VALVEを反時計回りに回し、バルブを開けます。

次に、酸素および空気の流量調節ツマミを反時計回りに回し、フロートが10L/min以上上がることを確認します。

最後に、流量調節ツマミを時計回りに回し、フロートが最低位に戻り流れが完全に止まることを確認すしてください。

動物用麻酔器のポップオフバルブ 動物用麻酔器の流量計
 

③供給酸素圧低下警報の動作確認

次に供給酸素圧低下警報の動作確認を行います。確認のために、酸素を流してください。その後、酸素の供給圧力が0.20MPa以下になると警報が鳴ることを確認してください。

 

④酸素フラッシュ動作の確認

次に酸素フラッシュ動作の確認を行います。

こちらはO2FLUSHボタンを押し、酸素がフラッシュされて麻酔バッグが膨らむかを確認する。

動物用麻酔器のO2FLUSHボタン

⑤麻酔回路のリーク確認

最後に麻酔回路のリークを確認します。
まず麻酔回路の先端を塞ぎ、非再呼吸ブラケットのPOP OFF VALVE(APL VALVE)を閉じてください。次に 酸素を5L/minに設定し、気道内圧計が30cmH2Oになるまでガスを流します。
その後30cmH2Oに達したら、ガスを止め、そのままの状態で30秒放置して気道内圧計の低下が5cmH2O以内であることを確認してください。

POINT

☞ 圧力の低下が5cmH2O以上であるときは麻酔回路の破損等が考えられるため、リーク箇所がないか確認してください。

☞ 機器の使用後は、必ずO2およびAIRの流量調節ツマミを全閉にして下さい。

COMPOS β EA 使用時のトラブルについて

①警報発生時

コンポ―スEA使用時に発生する警報には、以下の2点があります。

①供給酸素圧低下警報

【原因】

酸素の供給圧力が0.2MPa以下になると警報が作動します。

【対処方法】

供給酸素圧を0.35MPa~0.5MPaに調節してください。

※その他の要因で警報が発生した場合は緊急連絡先へご連絡ください。

②O2FLUSHボタンを押しても動作しない

【原因】

装置が故障した場合に発生します。

【対処方法】

この場合は、緊急連絡先へご連絡ください。

※その他の要因で警報が発生した場合は緊急連絡先へご連絡ください。

②動作時

コンポ―スEA動作時に発生するトラブルとして、以下の2点が考えられます。

①O2FLUSHボタンを押しても動作しない

【原因】

装置が故障した場合に発生します。

【対処方法】

この場合は、緊急連絡先へご連絡ください。

※その他の要因で警報が発生した場合についても緊急連絡先へご連絡ください。

②内圧計が作動しない

【原因】

呼吸回路からのリークが原因として考えられます。

【対処方法】

以下2点が対処方法となります。

・回路に穴などがないか確認する。

・回路の接続箇所がしっかり接続されているか確認する。

※その他の要因で警報が発生した場合は緊急連絡先へご連絡ください。



お気軽にお問合せください!

動物用麻酔器COMPOS β EAは、適切な使用前準備・操作が必要です。当ページで説明した通りに使用いただけますと幸いです。不明点がございましたら、お気軽にお電話や下記問い合わせページより問い合わせください!

Copyright © 株式会社 メトラン All Rights Reserved.