動物用人工呼吸器のパイオニアメーカーである株式会社メトランが、医療機器のトラブル事例や製品情報を紹介しています。
生体情報モニター BM7 vet Pro
使用前準備・操作方法

動物用生体情報モニター BM7 vet Proの使用方法

 

①各部の名称と機能

生体情報モニターを正しく操作する上で、各部の名称と機能を正しく把握することが重要です。

 

 

 

 

 

名称

機能

アラームランプ

アラーム時、点滅する。

数値表示部

使用パラメータの測定値を数値で表示する。

アラームボタン

アラーム発生時、それを停止または復帰する。

印刷ボタン

印刷の開始及び停止。

NIBPボタン

手動でのNIBP測定の開始及び停止。

機能ボタン

HOMEキー及びパラメータだけを大きく表示する機能を選択。

コントロールノブ

左右に回し移動した位置で押し、メニューを選択。

電源ボタン

本体の電源をON/OFF。

AC電源LED

AC電源使用時、点灯。

バッテリ電源LED

バッテリ使用時、点灯。

波形表示部

使用パラメータの測定値を波形で表示する。

動物用生体情報モニター 各部名称
 

②動物情報の入力

動物のアイコンを押して、動物の個人情報(ID、動物及び保護者の名、動物タイプ、性別、体重)を入力してください。

 

 

 

 

メニュー項目

説明

使用可能設定

Animal Informationメニュー

Animal Type

動物タイプ選択

子犬、猫、犬、馬

ID

動物ID

 

Auto ID

ID自動生成

 

Pet Name

動物名前

 

Client/Owner

保護者名前

 

Gender

性別

雄/雌

Weight

体重

XXX.XX Lbs

Default Settingメニュー

動物情報設定値を基本値に設定

 

③アラームの設定

アラームアイコンを押して、パラメータを設定してください。

 

 

 

 

 

メニュー項目

説明

使用可能設定

Alarm Setup メニュー

パラメーター

アラーム制限

全てのパラメータアラームレベル、

動作設定メニュー

 

不整脈

アラーム状態

不整脈アラームレベル・動作設定メニュー

 

ASYSTOL(心停止),

VTAC(心室頻脈),

VTAC/VFIB,

BIGEMINY(2段脈),

TRIGEMINY(3段脈),

ACCVENT(加速性心室),

COUPLET(2連発),

IRREGULAR(不規則),

PAUSE(停止),

R on T,

VBRADY(心室除脈),

SHORTRUN,

PVC(心室性期外収縮)

 

システム

アラーム状態

システムアラームレベル動作設定メニュー

LOW BATTERY

 

アラーム

パラメーター

アラーム関連設定メニュー

アラーム音量

アラーム一時停止時間

ナースコール

使用者環境設定メニュー

Nurse Call機能ON/OFF

コールタイプ設定

設定時間設定

アラームレベル設定

④各種設定

必要であれば設定アイコンを押して、各種設定を行ってください。

 

 

 

 

 

メニュー項目

説明

使用可能設定

SETUP メニュー

パラメーター設定

モニターから測定に使用するパラメータの選択及び色相設定メニュー

ECG,SPO2,RESP,NIBP,TEMP,IBP1,

IBP2,ETCO2,M/D-GAS

パラメーター表示 ON/OFF

パラメーター色相設定

単位選択

モニター測定に使用される単位設定

重量単位、血圧単位、

ST単位、温度単位、

ETCO2単位、FICO2単位

N2O単位、O2単位、

AGENT1ユニット単位

AGENT1ユニット単位

ユーザーサービス

使用者環境設定

 

システム情報

ソフトのバージョンの表示、言語設定

 

ネットワーク情報

ネットワーク情報及び設定

 

データー出力

BM Vet Central(BT-Link, B-Link)設定

 

HL7

通信機能の設定

 

アラーム設定

アラーム関連設定

 

表示オプション

波形スピード等の設定

 

病院情報

病院名、住所等の設定

 

設定アイコン

⑤リード電極の装置

リード電極の装着は、右記を参考に正しく行ってください。

 

 

 

 

 

ECGメニュー

メニュー項目

説明

仕様可能な設定

1. アラーム

ECG パラメータアラーム設定メニュー

 

2.   QRS ボリューム

音量はOFFと10%から100%に変更可能。

SpO2音量を設定すると自動にOFF設定

OFF, 0%~100%

3.   表示オプション

ECGパラメータ波形ディスプレイ設定

メニュー

 

4. 不整脈

不整脈アラーム設定メニュー

 

5.  ST/PVC

PVC分析有無、STテンプレートチャンネル選択、ST分析有無及びISO(R-)/ST(R+)値設定。

 

6. ペースメーカー

ペースメーカー検出表示可否設定

ON/OFF

 

⑥Spo2センサーの装着

SpO2センサーは2つあります。1つはYクリップセンサーです。一般的には舌クリップとよばれてます。これは、唇、舌、外陰部、つま先の水かきで使用することができます。

もう一つは反射板プローブです。これは直腸プローブと誤認されることがあります。このプローブは、尾尻の基部の下側に巻くのがベストです。場合によっては毛を剃る必要があります。また、太ももの内側、腹部の中間部分に使用することができます。

 

 

 

 

 

 

 

SpO2メニュー

メニュー項目

説明

使用可能な設定

1. アラーム

SpO2アラーム設定メニュー

 

2. レートボリューム

音量はOFFと10%から100%に変更可能。

ECG音量を設定すると自動でOFF設定。

OFF, 0%~100%

3. 表示オプション

SpO2パラメータ波形ディスプレイ設定メニュー

 

 

⑦NIBP

NIBPメニュー

メニュー項目

説明

使用可能な設定

1.アラーム

NIBPアラーム設定メニュー

 

2. 設定

カフサイズ

※カフ交換をする際は、カフの実寸と

 本体のカフ設定が合う様に必ず調整を

 して下さい。

小(1~3)

大(4~5)

加圧

機器に電源を入れて、初期加圧時に最高圧力範囲で加圧すると動物に苦痛を与える可能性がある為、最初に加圧圧力を通常で設定する。

 

基本設定値: 

子犬:120 mmHg

猫:140 mmHg

犬:170 mmHg

馬:170 mmHg

子犬:60 –140 mmHg

猫:80 –170 mmHg

犬:120 – 250 mmHg

馬:120 – 250 mmHg

加圧設定適用方法。

一度 : 最初血圧測定時、設定された加圧値まで、加圧をするが、その後、患者の血圧値によって自動調整する

毎回 : 血圧測定する度に設定された加圧値を適用する。

 

3. 測定間隔

自動的に血圧測定するための間隔を設定する機能。

設定値は1min, 2, 3, 4, 5, 10, 15, 20, 30, 60, 90, 2 hours, 4, 8.

間隔を設定した後、血圧測定制御キーを押してNIBP測定を開始する必要がある。

1min, 2, 3, 4, 5, 10, 15, 20, 30, 60, 90, 2 hours, 4, 8.

 

4. バイタルサイン確認

最後に測定された数値から遡る40回を記録

 

POINT

☞ カフを装着する際は、カフのホースは脚の下側に置いて、動物の大きさに合ったサイズを使用して下さい。



動物用生体情報モニター BM7 vet Pro その他の設定

 

その他の設定

◆ 呼吸

RESPメニュー

メニュー項目

説明

使用可能な設定

1. アラーム

RESPアラーム設定メニュー

 

2. 表示オプション

RESPパラメータ波形ディスプレイ設定メニュー

 

3. 無呼吸検出

APNEA状況時、検出及びALARMの執行可否を決定する機能メニュー。

OFF/ ON

◆体温

Temp メニュー

メニュー項目

説明

使用可能な設定

1. アラーム

Tempアラーム設定メニュー

アラーム使用の有無、アラームレベル、アラームの上下限値を設定します。

設定値は0℃~50.0℃です。

2. 表示オプション

Tempパラメータ波形ディスプレイ設定メニュー

2 チャンネル使用可否、

二つの温度差を値に表示可否

◆ デュアルガス(CO2、麻酔ガス)

D -GAS メニュー

メニュー項目

説明

使用可能な設定

1. アラーム

D –GASアラーム設定メニュー

EtCO2, FiCO2, AWRR, APNEA, AG1-E, AG1-Iパラメータアラーム、レベル、動作設定

2. 表示オプション

D-GASパラメータディスプレイのオプション設定メニュー

掃引速度、スケール、グラフのみ表示、測定波形設定、単位設定

3. 無呼吸検出

APNEA状況の時、検出及びアラームの実行可否をON/OFFで決定するメニュー。

ON/OFF

4. モジュールセット

モジュール設定メニュー

ガスモード設定、麻酔ガス設定

 



お気軽にお問合せください!

生体情報モニター BM7 vet Proは、適切な使用前準備・操作が必要です。当ページで説明した通りに使用いただけますと幸いです。不明点がございましたら、お気軽にお電話や下記問い合わせページより問い合わせください!

Copyright © 株式会社 メトラン All Rights Reserved.